--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    海事代理士は食えるのか?

    2006年10月20日 16:14

    最近筆記試験が終了した時のせいもあるのか、
    「海事代理士で食えますか?」との質問が多くなりました。
    「食えません!」と正直に回答していますが、
    それでも何か救いのような疑問を浴びせられます。
    私は神様や仏様ではありません。
    インターネット上にしか存在しない?
    仮想微生物のダニのような存在です(笑)

    それでも「食えないか~食えないか~?」と?
    魔法の呪文を唱えるようなメールを投げる前に
    現役の海事代理士が何かお伝えするものはないのか?
    いろいろ試行錯誤の結果、一つの結論に達しました。

    海事代理士は「副業になる?」
    のではないかということです。

    海事代理士を取得した方にいきなり実務をやってくださいと言ったところで、実務界にいる方は別ですが、普通は難儀なものです。
    だからお客さんから依頼が少ないもの当然です。
    仕事の絶対量が少ない、業界が閉鎖的、誰も実務を教えてくれない、情報が少ない、多々、実務ができないからお客さんがいないのか?
    お客さんがいないから実務も覚えられないのか?
    いずれにしても試験合格組の方が
    実務界への大海原へ船出することを不安に思うのは当然です。
    今まで私を含めて多くの海事代理士の方が
    「食えるかどうかはすべてあなた様の努力次第」と答えてきました。
    これは一番妥当な回答です。その人の将来まではわかりません。

    しかし…
    ある程度までは実務を研鑚して、顧客獲得への道標があるように最近思えました。それは一体に何か?それをここで、たった数行で表現するのは不可能です。そこで独断と偏見で思いついた顧客獲得策や方法論などを
    ここで好き勝手に書いて行こうと考えております。
    もちらん役立たずブログ?かも知れませんね(笑)

    まず第1段はとして、
    「名刺を作れ!」です。
    単なる肩書き名刺なら意味がありません。
    得意分野、海事代理士以外の業務、お笑いネタ、
    多少ぶっ飛んだ名刺であっても
    相手に覚えてもらうには良いですよ。
    ただ失礼があってはダメです。
    縦でも横でも斜めでもかまいません。
    仕事が貰えそうな?ではなく、
    名前を覚えてもらえそうな!
    名刺を作って配ってください。

    私の名刺はすぐ破かれて捨てられました。。。
    スポンサーサイト

    電話機リース悪質商法で騙されるな!

    2006年10月12日 18:49

    私のところに電話屋さんを名乗る業者から電話がありました。

    「今度新しいデジタル電話が発売されました?」
    ふ~ん、だから?私のところにはデジタル電話あるで。
    「その電話は今度電話料金が高くなりますよ」
    高かろうが安かろうが電話かけないから関係ないじゃん。
    「ISDN回線は今度光ファイバーが主流になると廃止される虞があります」
    その時はその時じゃ~ん、で?何が言いたいの?電話機買え?ふざけんな~!

    私を何とか言って高いデジタル電話を買わせるかリース契約をしようと思ったらしいですね(笑)
    残念ながら私は工事担任者の資格あるからそんな話には引っかからないですよ。
    騙すならもうちっとマシなウソをつけ~~~

    私のような超貧乏暇的多忙型海事代理士は悪質商法にやられたら?
    今でも倒産寸前?夜逃げ同然の状態なのに?
    本当に~屏風ヶ浦からダイブしなくちゃなりませんよ?
    15日は銚子マリーナでトライアスロン大会です。
    見に行かなくちゃ。

    今年の海事代理士試験は?

    2006年10月11日 11:17

    今年の海事代理士試験が終了しました。
    受験生の皆様お疲れ様でした。
    発表はまだですが、来月には口述試験があります。

    この試験はここ10年で随分変わりました。
    まず筆記試験は60点以上でかつ平均点以上を合格とする競争試験に様変わりしたこと。
    受験科目が増えたこと。
    試験日が2日間から1日に短縮されたこと。

    私が受けたころと状況が一変しています。
    だから私はホームページもロクに更新できないのです(笑)
    最近、海事代理士関係のホームページもいくつか増えましたが、
    受験生向けに役立つホームページは数限られるほどです。
    私のようなガラクタページは何の役にも立ちません。
    合格マニュアルも新試験制度になったので改訂が必要かと思います。
    受験生が少ないからまだ改訂できないのかな?
    他の出版社が手を出さないところをみると採算も怪しいですね?
    成山堂さんの意地と根性で発行されていると思います。

    6年位前は伊豆の石川大先生など著名な方がMLなどで活躍しておられました。
    MLがなくなってから誰もMLをやる人がいないのか?
    どこからもお話がありません。
    なら私にやれと?私はそんな偉い人ではありません。
    メルマガも発行する方が少ない状況で今後受験生にどのような情報を発信できるか?
    これがホームページ運営者の課題でしょうか。。。

    何しろ試験の変化に対応できないのが受験生OBの状況です。
    私のガラクタでさえ試験に対応できなくなっています。
    ならば早く更新して新しい情報を流せ!?
    とお叱りを受けますが、私も知識を蓄えるのが精一杯でして。
    そして覚えた途端にまた法改正!とイタチゴッコです。
    もう少し私も知識を研鑚しないといけませんね。

    泳いでいる場合じゃねえぞ。ましゃ○殿。

    違法な借金取立?

    2006年10月06日 19:37

    知人の家に不審な電話がかかってきた。
    電話工事も一応できる?資格所持者の私に連絡があった。
    当初は迷惑電話?ストーカー?いたずら電話?いろいろ考えた。
    着信履歴から準大手サラ金であった。

    1日3~4回の電話、これがほぼ毎日である。

    これがまともな取立行為といえるのか?


    貸金業規正法第21条、抜粋
    貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し又は次の各号に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない。
    1.正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。

    1日何回も取立の電話すれば平穏な生活を害することは明らかである。
    業者側は『家族の方には債務者の方の存在しか確認してない』と屁理屈を捏ねる。
    つまり貸金業法違反ではないというのだ。
    確かに債務者の所在確認しかしないし、家族には取立をしていない。
    しかし、債務者の家族はハッキリ言って迷惑している。
    取立なら債務者本人に連絡を取れば良いのだ。
    なぜ家族を責める?嫌がらせか?
    私は電話工事担当として貸金業者に電話した。
    『管理部出せゴラ~!』と強く迫った。
    しかし貸金業者は『債務者本人から連絡が欲しい』と拒否した。
    私は債務者本人の債務についてあ~だこ~だいうつもりは無い。
    だが、家族が電話をかけてくるなというのだからそれを言う立場にある。
    家族や電話工事担当が『迷惑電話をやめろ』と言うと全く取り合おうとしない。
    要するに貸金業者は家族の苦情も受け付けないと言うのだ。
    こんな横暴が許されて良いのか?

    都合が悪くなると貸金業者はすぐ逃げ出す。

    これが実態だ。


    電話した中でわかった実態がもう一つある。
    それは履行遅滞の債務者には、機械で無作為に電話しているのだ。
    ランダムにコンピューターが選んで電話して、繋がったらオペレーターが出る。
    つまり電話してくる人間は本当の取立部隊の人間ではないということである。
    だから多少『ドギツイ取立』を食らっても?
    すべてマニュアル化された元での話だから怖くないのである。
    もちろん、支払いを放置すればやがては自宅に押しかけてくるであろう。
    だが、遅れても2ヶ月に1の割合で利息分だけでも入れていれば『ドギツイ取立』だけで終わる。
    また、葉書の督促状が手書きの封筒になったときは要注意であろう。
    債務者の管理がコンピューターから人の手に移った瞬間である。
    こうなるともう厄介だ。怖そうな?お兄さんがワンサカやってくる?
    督促が葉書のうちは大多数の履行遅滞債務者が相手であるから、
    それを端から端まで調べて取立ての電話していたら貸金業者はパンクする。
    だからあくまでも『早く払え~』を作り出すため機械で演出しているのである。
    だからコンピューター管理のうちに債務を片付けたほうが後々楽であろう。

    いずれにせよ、債務者の家族は取立とは関係ない。
    これ以上貸金業者が電話するなら、次の手段を取るだろうね。かなり強硬な手段を。

    始めました?

    2006年10月06日 15:36

    ついに私もブログっちゅうものを始めましたよ。
    何に役立つか知らんけど?変なこといろいろ書くよ~?
    期待しないで待っておくれ~★

    時に大雨ですが。
    明日の土浦花火大会はやるのかな?
    霞ヶ浦を泳いで渡ろう?(←コラ)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。