--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    社会保険庁運営部の実態

    2008年10月18日 02:15

    まず現在進行中の親父の消えた年金記録の回復手続きは
    行政機関個人情報保護法に基づく、社会保険庁長官への年金記録訂正請求異議申立と、
    厚生労働省社会保険審査会への再審査請求です。
    異議申し立てはここですべてを認めて万歳するか、
    早急に内閣府情報公開・個人情報審査会へ諮問しろと
    とにかく行政側の不作為はいい加減にしろ迫りました。
    再審査請求は審査要件の審査に入っているのでこちらは受理される見込みです。

    さて、今回改めて社会保険庁ドブネズミどもの汚い実体が明らかになりました。
    特定できない昭和46年度分の6ヶ月の納付記録を
    何の根拠も無いのに4月~9月へ納付済みと登録したことが
    行政法上の処分でないことの根拠を示せと社会保険庁の運営部、
    年金保険課、国民年金事業室に照会したところ、
    地元の社会保険事務所で聞けと門前払いの回答。
    こりゃ手洗い祝福とばかりに猛反撃!
    そもそも、地元の千葉社会保険事務所で判断に迷ったので
    上局の千葉社会保険事務局へ、そこでも分からないので社会保険庁国民年金事業室に
    職員が照会したのですから、何らかの根拠があって然り。
    根拠示せ~必要ない~の漫才みたいな応酬が繰り広げられました。
    それを判断した本庁担当室がこともあろうに門前払いですか?
    どこまで国民を馬鹿にすれば気が済むのかね。
    自分の組織で判断した根拠を回答できないようなでは公務員失格ですな。
    組織として判断した以上、その根拠を組織として示すべき。
    最後には『あなたは何か法的な手続きを行っているのか?』と
    逆にこちらへ捲くし立てる始末。そんなもんとっくにやってるわい!
    総務部総務課企画室に聞け~このドアホ~!

    何かと庁内では私の存在は有名になっているようでして?
    後で『企画室と一緒に挨拶に行くから宜しくな!』と軽く社交事例を。
    あとこちらは12ヶ月納付済みなのに6ヶ月の未納ならその根拠を示せとか、
    国民年金法第14条からみて納付状況が特定できない6ヶ月分はどう説明するんだとか、
    もうあらゆる矛盾を突き付けましたが、地元で聞け、答える義務がないの一点張り。
    『それでちゃんと仕事をしているつもりか?』と言えば、それは大変侵害だと言い張る。
    国家公務員法になんて書いてあるかわかってるか。てめえらは。

    国家公務員法第99条
    職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

    今回の門前払い、不都合なことは逃げる始末、これは官職の信用失墜行為です。
    おれは絶対許さんぞ!てめえらまとめて公務員職権乱用罪で刑事告訴してやろうか。
    社会保険庁運営部年金保険課国民年金事業室はドブネズミ組織の巣窟です。
    法令違反コーナーからまずは通告してやるか。
    電話では逃げられても、こちらから乗り込んでいったときは絶対逃げられないからな。
    それまでせいぜい屁理屈をもっと掘り下げて少しはまともな回答でも考えておきな。
    社会保険庁ドブネズミ諸君、おれは法律論争なら受けてたってやるぜ。

    スポンサーサイト

    映画シャカリキ!鑑賞

    2008年10月14日 01:22

    旭サンモールでシャカリキ!を見てきました。
    やはり前評判どおり、笑いと涙と感動のゴールでした。
    亀高自転車部バンザーイ!

    Story
    子供の頃から坂道を制覇することが夢だったテル。
    高校生になったテルは坂バカのテルとなっていた。
    その亀高自転車部は廃部寸前、テルがその時に入部。
    しかしインターハイで敗退してしまい自転車部は廃部となってしまう。
    ライバル「ユタ」に負けて悔しがる亀高自転車部員たち。
    だが雪辱戦となる石渡山ロードレースに出場を決める。
    「チームで挑めば勝ち目はある」、監督の言葉を信じてテルたちは猛特訓を開始。
    そして亀高自転車部は平地でテルとエース・鳩村の体力を温存し、
    他の部員が自らの体力を犠牲にして山間部までアシストし、
    山間部はテルの坂バカ大爆走で頂上の山岳賞をテルが死守、
    そのまま下り坂をテルがエース・鳩村をアシストしてユタに挑む作戦を立てる。
    号砲一発、亀高自転車部は次々に選手が脱落、しかしこれもすべて非情の作戦。
    テルとエース・鳩村を勝たせるために必死の大暴走を繰り広げる。
    山間部に入り、アクシデントを乗り越えながらも頂上までテルはエース・鳩村をアシスト。
    「山岳賞は通過点に過ぎない」と、ユタは猛然と亀高自転車部に襲いかかる。
    テルとエース・鳩村がトップ争いを繰り広げる中、遂にユタがロケットスタートでスパート。
    ユタにたった一人、無謀ともいえる大暴走で挑むテル、これに続くエース・鳩村。
    最後の直線走路でユタとテルの一騎打ち、しかしテルの体力は限界を超えていた。
    果たしてゴールに先にたどり着くのはユタか?それともエース・鳩村か?
    そして亀高自転車部はユタに勝てるのか???復活は如何に?

    猫魔スキー場、土壇場で救われる!

    2008年10月09日 13:47

    http://www.kahoku.co.jp/news/2008/10/20081007t62041.htm
    河北新報のニュースより引用

    アルツ磐梯を運営する軽井沢のイベント屋(リゾート運営)さんが
    土俵際で助っ人参上してくれたので、最悪の閉鎖は回避されました。
    これでひとまず安心ですわ。

    今年の試験

    2008年10月08日 13:55

    思えば海事代理士試験は先週の金曜日に終わっていました。
    私らが銚子マリーナでドタバタやっているころにみなさん頑張っていたのですね。
    この後、口述試験があります。みなさん頑張ってください!




    友達が…

    2008年10月06日 01:27

    失恋したそうです。
    でも法律は失恋した人を救ってくれません。
    早くショックから立ち直ってもらう以外に方法はありませんね。

    第5回銚子マリーナトライアスロン大会の私的な速報

    2008年10月05日 23:44

    本日銚子マリーナでトライアスロン大会が開催されました。
    これまで大風、大波、大雨と厳しいコンディションでの開催が続いていましたが、
    今年はベストコンディションで行われました。

    私らが主にいっしょに練習に参加させてもらったみなさんの結果です。

    リレー部門
    爆弾男軍団さまは完走(全種目ともボンバー!)
    中性脂肪軍団さまは完走(みなさん善戦健闘)
    カモシカ役所軍団さまは完走(ランの人は凄かった)
    藻屑に消え去りそうになった軍団も奇跡的?完走
    (スイムはヨタヨタ、バイクとランは出力全開)

    個人部門
    うちの御頭さまは完走(ランでご苦労なさったようですがお疲れ様でした)
    杭を背負って歩くおっちゃんも完走(善戦健闘!)
    佐渡の女王様はダントツ銅メダル(来年は優勝かも)
    ママさんも完走(脱帽です、私らかないません)
    先生&突撃隊長御一行様ももちろんダントツの完走です。

    そんなわけでみなさん怪我なく生きて生還しました。お疲れ様です。
    ただバイクで銚子有料道路下り坂の直線走路で割り込み行為があって、
    割り込みバイクが前方バイクに追突、割り込みバイクの方が歯を折って顔面血だらけに。
    そんな報告が表彰式前に大会実行委員長からありました。
    トライアスロンの場合、ドラフティングは禁止行為です。
    バイク時速50キロを超えるあの下り直線走路でのバイクの割り込みは大変危険です。
    故意にドラフティングを狙っていったと思われても仕方ありません。
    抜き去るなら正々堂々と並走してぶっち切っていけば良かったと思います。
    割り込みバイクの方がどのような意図で2台離れて追走するバイクの間に
    割って入ろうとしたのか不明ですが、大怪我をしたら目も当てられません。
    お体の早期の回復をお祈りいたします。

    さて…次はなにかしら?




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。