--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    海事代理士による相続の戸籍謄本の取得

    2008年01月14日 12:22

    海事代理士が船舶関係の相続業務を相続人から委任を受けて、
    被相続人の戸籍謄本を取得しようとしても、
    海事代理士会の所属していない海事代理士は職務上請求書を有しないため、
    一部取得できない戸籍謄本(除籍・改正原戸籍)があります。
    これは海事代理士が相続人から委任状によって戸籍謄本の取得を任されるため、
    本人の取得できる戸籍謄本の範囲でしか取得できないためです。
    この場合は海事代理士会に入会して誓約書提出の上、職務上請求書を取得するか、
    相続人調査の業務だけを行政書士などに依頼する方が良いでしょう。

    海事代理士会に入って何かメリットあるの?
    とよく聞かれますが、メリットの前に入会していないと他士業の方の信用は得られません。
    任意入会だからといって入らないと、結局のところ、
    他士業の方から仕事もあまり周ってきません。
    私のように貧乏して夜逃げ寸前で会費が払えなければ別ですが、
    余力があれば入会して同業、他士業の方との連携するのも良いと思います。
    なお海事代理士会に入ったからといって、海事代理士会が仕事は紹介してくれません。
    その点ではメリットはほとんどありません。
    しかし仕事の紹介がないから入会しないのは短絡的かと思います。
    まずは入会して信用を得るべきです。
    いつまでも入会しないと私のように貧乏に拍車がかかってやがては夜逃げとなるでしょう?
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://matonaka.blog78.fc2.com/tb.php/31-27cfe1eb
      この記事へのトラックバック



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。