--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    祝?自己最短潜水時間記録達成?

    2010年11月25日 10:55

    23日の館山・伊戸でのダイビングでのこと

    ディープSPの2本目の講習である1本目
    12リットルで190の残圧
    ロープ潜行でエントリー開始
    途中鯉のぼりになりながらも無事に下まで届く
    しかし…ドライにエアーを送ってもすぐに無くなる!
    なぜ?15分も経たないうちに残圧は80以下
    深度は20~24m
    ガイドさんが残圧から考えてこれ以上の潜行は危険と判断
    5mの安全停止後にエキジットを指示されて浮上開始
    ボートに戻ってダイコンみたらなんと潜水時間たったの26分!
    潜水計画30分より短い大マヌケをやかしてしまった。
    おまけに残圧はE線突破の20でした(笑)

    原因は?ドライスーツの排気口をAUTOにしての潜行
    そりゃそうですわ。深海潜行でLOCKしおかないと?
    ドライに空気を送っても全部抜けちゃいますからねえ…

    そこで2本目は念のため?14リットルのドでかいボンベが登場!
    しかし残圧は180?大丈夫かいな?
    今回は最初からLOCKにして潜行開始
    そうしたら?肝心なことを忘れてた?
    ドライ内の空気を最初に抜いておくことを!
    今さらエントリーを開始した以上潜行あるのみ。
    足が鯉のぼりになったら・・・
    頭を上にして体制を建て直し
    また下を向いて潜行しながら鯉のぼり!
    それを2回繰り返して無事届く
    ドライへ空気を送入は1回のみ
    20~24m付近を水中浮遊
    エキジットしてダイコンは潜水時間37分!
    今度は大恥をかかなくて済んだ?
    だけど?残圧は30ですが!

    しかしタンクの容量で素朴な疑問が?
    12リットルで190の残圧と
    14リットルで180の残圧では
    なぜか少ない残圧の180の方が多く潜れるとか?
    なんで?
    (12×190=2280)<(14×180=2520)
    容量を残圧を単純に掛け算しただけで決まるの?
    私は今まで残圧のみで空気の容量が決まると思ってましたが?
    というか?10リットルが180くらい?
    12リットルが210くらい?
    14リットルが250くらい?
    と容量が増えるほど?残圧が増えるものだと?
    だから12リットルで190の残圧と
    14リットルで180の残圧では?
    当然残圧190の12リットルのタンクの方が?
    カラまで吸える空気の量は多いと思ってましたが???
    真実は如何に?初心者ダイバーのワシは何も知らんゾ!

    にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者ダイバーへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    コメント

    1. 的中くん | URL | LkZag.iM

      結局

      圧よりも量?
      というか両方だったのか…
      知らんかった。。。

    2. kazu | URL | -

      こんばんわ

      残圧計で表示されているのは,
      気体の体積ではなく,
      気体の圧力です。

      ですから,14リットルのタンクの
      圧力が12リットルより多少弱かった
      と考えるのが正解です。

      ですが,タンクの容量が12から14へ
      変われば容積も変わりますので
      空気の消費量・潜水深度などが変わらない限り
      12よりは長い時間潜水していられることになります。

      ディープをはじめたら
      今度は,自分の水面空気消費率(SCR)
      を計算しておくと自分がその残圧で
      どの深さでどのくらい潜水していられるから
      わかるようになります。

      消費量が少なくなれば,ダイビングに
      余裕ができてきていることにもなりますし,
      潜水する前の潜水計画も立てる
      ことができるようになりますね。

      ありがとうございました。ブログねた
      いただきました(笑)

      水面消費率について,書きマース。
      初心に戻れということですね。(笑)

    3. 鍋大会2011事務局(@743k) | URL | WVdi2rEU

      そりゃ…

      空気圧は容量とは関係なく、単位体積あたりの分子運動量でしょうよ。
      空気圧×タンク容量がタンク内の空気の総量です。
      (だから氷点下の場所で分子密度を上げて空気を充填して…とかの裏技も無いこともないが…)

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matonaka.blog78.fc2.com/tb.php/330-554cd848
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。