--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    社会保険庁運営部の実態

    2008年10月18日 02:15

    まず現在進行中の親父の消えた年金記録の回復手続きは
    行政機関個人情報保護法に基づく、社会保険庁長官への年金記録訂正請求異議申立と、
    厚生労働省社会保険審査会への再審査請求です。
    異議申し立てはここですべてを認めて万歳するか、
    早急に内閣府情報公開・個人情報審査会へ諮問しろと
    とにかく行政側の不作為はいい加減にしろ迫りました。
    再審査請求は審査要件の審査に入っているのでこちらは受理される見込みです。

    さて、今回改めて社会保険庁ドブネズミどもの汚い実体が明らかになりました。
    特定できない昭和46年度分の6ヶ月の納付記録を
    何の根拠も無いのに4月~9月へ納付済みと登録したことが
    行政法上の処分でないことの根拠を示せと社会保険庁の運営部、
    年金保険課、国民年金事業室に照会したところ、
    地元の社会保険事務所で聞けと門前払いの回答。
    こりゃ手洗い祝福とばかりに猛反撃!
    そもそも、地元の千葉社会保険事務所で判断に迷ったので
    上局の千葉社会保険事務局へ、そこでも分からないので社会保険庁国民年金事業室に
    職員が照会したのですから、何らかの根拠があって然り。
    根拠示せ~必要ない~の漫才みたいな応酬が繰り広げられました。
    それを判断した本庁担当室がこともあろうに門前払いですか?
    どこまで国民を馬鹿にすれば気が済むのかね。
    自分の組織で判断した根拠を回答できないようなでは公務員失格ですな。
    組織として判断した以上、その根拠を組織として示すべき。
    最後には『あなたは何か法的な手続きを行っているのか?』と
    逆にこちらへ捲くし立てる始末。そんなもんとっくにやってるわい!
    総務部総務課企画室に聞け~このドアホ~!

    何かと庁内では私の存在は有名になっているようでして?
    後で『企画室と一緒に挨拶に行くから宜しくな!』と軽く社交事例を。
    あとこちらは12ヶ月納付済みなのに6ヶ月の未納ならその根拠を示せとか、
    国民年金法第14条からみて納付状況が特定できない6ヶ月分はどう説明するんだとか、
    もうあらゆる矛盾を突き付けましたが、地元で聞け、答える義務がないの一点張り。
    『それでちゃんと仕事をしているつもりか?』と言えば、それは大変侵害だと言い張る。
    国家公務員法になんて書いてあるかわかってるか。てめえらは。

    国家公務員法第99条
    職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

    今回の門前払い、不都合なことは逃げる始末、これは官職の信用失墜行為です。
    おれは絶対許さんぞ!てめえらまとめて公務員職権乱用罪で刑事告訴してやろうか。
    社会保険庁運営部年金保険課国民年金事業室はドブネズミ組織の巣窟です。
    法令違反コーナーからまずは通告してやるか。
    電話では逃げられても、こちらから乗り込んでいったときは絶対逃げられないからな。
    それまでせいぜい屁理屈をもっと掘り下げて少しはまともな回答でも考えておきな。
    社会保険庁ドブネズミ諸君、おれは法律論争なら受けてたってやるぜ。

    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://matonaka.blog78.fc2.com/tb.php/58-fd42adff
      この記事へのトラックバック



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。