--年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    映画シャカリキ!鑑賞

    2008年10月14日 01:22

    旭サンモールでシャカリキ!を見てきました。
    やはり前評判どおり、笑いと涙と感動のゴールでした。
    亀高自転車部バンザーイ!

    Story
    子供の頃から坂道を制覇することが夢だったテル。
    高校生になったテルは坂バカのテルとなっていた。
    その亀高自転車部は廃部寸前、テルがその時に入部。
    しかしインターハイで敗退してしまい自転車部は廃部となってしまう。
    ライバル「ユタ」に負けて悔しがる亀高自転車部員たち。
    だが雪辱戦となる石渡山ロードレースに出場を決める。
    「チームで挑めば勝ち目はある」、監督の言葉を信じてテルたちは猛特訓を開始。
    そして亀高自転車部は平地でテルとエース・鳩村の体力を温存し、
    他の部員が自らの体力を犠牲にして山間部までアシストし、
    山間部はテルの坂バカ大爆走で頂上の山岳賞をテルが死守、
    そのまま下り坂をテルがエース・鳩村をアシストしてユタに挑む作戦を立てる。
    号砲一発、亀高自転車部は次々に選手が脱落、しかしこれもすべて非情の作戦。
    テルとエース・鳩村を勝たせるために必死の大暴走を繰り広げる。
    山間部に入り、アクシデントを乗り越えながらも頂上までテルはエース・鳩村をアシスト。
    「山岳賞は通過点に過ぎない」と、ユタは猛然と亀高自転車部に襲いかかる。
    テルとエース・鳩村がトップ争いを繰り広げる中、遂にユタがロケットスタートでスパート。
    ユタにたった一人、無謀ともいえる大暴走で挑むテル、これに続くエース・鳩村。
    最後の直線走路でユタとテルの一騎打ち、しかしテルの体力は限界を超えていた。
    果たしてゴールに先にたどり着くのはユタか?それともエース・鳩村か?
    そして亀高自転車部はユタに勝てるのか???復活は如何に?
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://matonaka.blog78.fc2.com/tb.php/59-f08031ee
      この記事へのトラックバック



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。